直球感想文 別館

2017年 更新中
by wMUGIw
カテゴリ
古代
中世
近世
近代
現代
その他
以前の記事

ダリの妻

『ポルト・リガトの聖母』 1950 ダリ
c0297671_395434.jpg



サルバドール・ダリ 
1904-1989 85歳没
ガラ・エリュアール 
1894-1982 88歳没


この絵のモデルは妻ガラである。
ガラは悪妻と言われる。
詩人の妻だったガラはダリと恋に落ち、夫と子供を捨ててダリと結婚する。
しかし若いアーティストたちと奔放に恋愛を楽しみ、ダリを苦しめた。

また、アメリカならダリの絵が売れると確信して、
ダリとアメリカに渡り大々的なプロモーションをした。
ダリの奇抜なルックスやパフォーマンスもガラの演出だった。
周囲は非難したが、ダリのガラへの愛は揺るがなかった。

ダリはスペインの裕福な家庭に生まれた。
ダリが生まれる前に死んだ兄がいて、
両親は生まれた子に死んだ兄と同じサルバドールという名前をつけた。
すでに存在しない人間と同じ名前をつけられたことで、
ダリは生涯自分の命を実感できずに苦しむことになる。
兄の部屋に連れて行かれるのが何よりも恐ろしかったと語っている。

「ガラは私を現実から守ってくれる殻である」とダリは言った。
「ガラの存在なしでは私はダリになりえなかった。
彼女は私の母であり、私の酸素であった」
ダリにとってガラはついに聖なる存在にまで昇りつめたのだ。

ガラが亡くなるとと激しく落胆し、プボル城に引きこもった。
生涯、絵を描くこともなくなってしまった。

c0297671_310416.jpg

c0297671_3105267.jpg

c0297671_311132.jpg

[PR]
by wMUGIw | 2015-01-09 00:00 | 現代
<< ハプスブルク家の御面相 ピカソの女たち >>


お気に入りブログ
検索
記事ランキング