直球感想文 別館

2017年 更新中
by wMUGIw
カテゴリ
古代
中世
近世
近代
現代
その他
以前の記事

マタ・ハリ

芸名 マタ・ハリ(マレー語で太陽の意味)
本名 マルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ
1867-1917 50歳没 

*第一次世界大戦中ドイツ側スパイとして処刑

裕福なオランダ人の両親のもとに生まれたが、父が事業に失敗して一家離散となる。
19歳の時、新聞広告で花嫁を募集していた
11歳年上のオランダ人将校ルドルフ・ジョン・マクリード大尉と結婚、
オランダ領であったジャワに赴任する。

c0297671_01540884.jpg

c0297671_01554048.jpg

2人の子供をもうけるが7年後に離婚、
パリにやってきたマルガレータは、
ジャワ出身の踊り子マタ・ハリと名乗り、一世を風靡する。
ほとんどストリップショーのようなものであったが、胸だけは絶対に見せなかった。
乳房が垂れているのが欠点だったからである。

c0297671_01564493.jpg
c0297671_01565653.jpg
c0297671_01570854.jpg

当時のダンサーは高級娼婦とイコールであり、
軍服好きのマタ・ハリは特に軍人を好んだ。
フランス軍人・ドイツ軍人を始め各国の軍人と関係を持つにつれ、
スパイとして利用されることになる。
コードネームは「H1」であったが、大した働きをしたわけではなかった。
右から聞いたことを左へ、左から聞いたことを右へ、
スパイという立場に酔って囁いただけである。
しかしフランス・ドイツ両軍人と関係を持っていたマタ・ハリは二重スパイを疑われ、
パラス・ホテルの自室で朝食中に逮捕される。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
逮捕状 
マルガレータ・ツェレ、別名マタ・ハリ、
外国人、オランダ生まれ、宗教プロテスタント、身長175センチ、
スパイ行為において敵国に通じ作戦に加担したとして告発する。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

1917年02月13日マタ・ハリはパリ裁判所に連行され、
4ヶ月後の10月15日早朝処刑された。

c0297671_01571804.jpg
c0297671_01572729.jpg
c0297671_02030215.jpg


[PR]
by wMUGIw | 2014-01-11 00:00 | 近代
<< クリノリン メイドとジェントルマンの恋 >>


お気に入りブログ
検索
記事ランキング