直球感想文 別館

2017年 更新中
by wMUGIw
カテゴリ
古代
中世
近世
近代
現代
その他
以前の記事

ロココ調ヘアスタイル

c0297671_23461374.jpg


ロココ時代に奇妙な髪形が流行った。
とにかく巨大さと奇抜さを競った。

この髪形を作るためには、丸めた硬い芯や入れ毛を頭髪に入れ込まなければならなかった。
髪自体を練った小麦粉で固めて、理想的な白さが得られるようにした。
練り粉が乾くと紙張子のような感じに仕上がる。
髪形もいろんなバリエーションがあった。
人物、馬車、庭、最新のゴシップ、話題の出来事が頭の上の飾りになった。

専門の髪結師が長時間かけて作り、
次の予約までは3~4週間待たなければならなかったから、
本人も相当の忍耐力を試される。
いくら堅く固めてあっても髪のセットは崩れやすい。
それにシラミの天国であった。
シラミやノミがひどい時は髪型に割れ目を作って虫退治が行われた。

男女ともに大量の小麦粉を消費したために、
食料用の小麦粉が不足し民衆の不満が高まった。
フランス革命の遠因となったとも言われる。


こんなのでマジに舞踏会に行っていたのであります
c0297671_23464821.jpg



風刺画  ここまで巨大になるとお付きの者が支える必要がありますね
c0297671_4301287.jpg



風刺画  支度も大変
c0297671_23473484.jpg



風刺画  もはや建築物
c0297671_2347493.jpg

[PR]
# by wMUGIw | 2016-01-15 00:00 | 近世

コワフュール・ア・ラ・フォンタンジュ

コワフュール・ア・ラ・フォンタンジュとは、フォンタンジュ風髪型の意味。
17世紀後半から18世紀前半にかけて流行した。

フランス国王ルイ14世の愛人であったフォンタンジュ夫人が王と狩りに行った時
帽子が風に飛ばされたてしまったため、
とっさに靴下留めのリボンで乱れた髪を結いあげた。
王がフォンタンジュ夫人の機転を喜んだことからヨーロッパ中に大流行した。

最初はリボンで高く髪を結いあげただけだったが、
徐々に高さを競い合うようになりタワーのようにそびえ立つまでになった。


モデルはイギリス女王メアリー2世さんです。
c0297671_23402495.jpg



映画『英国式庭園殺人事件』より
頭が高層ビル群のようになっています・・・
c0297671_2340398.jpg

c0297671_23405688.jpg

[PR]
# by wMUGIw | 2016-01-14 00:00 | 近世

アンクロワイヤーブルとメルヴェイユーズ

フランス革命後のパリに異様な格好をした若者が現れた。
究極の洗練とは病弱なことであるとの考えのもとに、
男性は病み上がりのように髪はボサボサ、
首元には何重にもスカーフを巻き、人によっては口元まで隠していた。
近眼も病弱の一つと眼鏡をアクセサリーにし、ステッキではなく棍棒を持って歩いた。
何かと言うと「アンクロワイヤーブル!」(信じられない!)が口癖だったため、
彼らのことをアンクロワイヤーブルと呼ぶようになった。

対する女性の方は健康的というか健康的すぎるというか、
ギリシャ・ローマ時代をお手本にした透き通る布地で作ったドレス、
早い話がシュミーズ姿で歩き回った。
ついこの間までアントワネットを代表とするコルセットにパニエ、
天に届く髪型が主流だったが、
彼女たちはコルセットも下着も脱ぎ捨ててしまい、
シースルーのドレスでは丸見えの状態だった。
こちらは「素晴らしい!」というわけで「メルヴェイユーズ」と呼ばれた。


200年前の不良の男女
c0297671_23124091.jpg



前のめりに歩いてるのは病弱の演出?
c0297671_23125612.jpg

[PR]
# by wMUGIw | 2016-01-13 00:00 | 近代

エンパイアスタイル

フランス革命後、衣装は一変した。
ナポレオンによる帝政時代に当たるためエンパイアスタイルと呼ばれる。
ギリシャ・ローマ時代に着想を得ているため、
ゴテゴテの派手派手だったアントワネットのドレスから
シースルーのシュミーズ、つまり下着が公然と着られるドレスになったのである。
シュミーズの下はコルセットも下着もつけなかったので、痴漢が横行したという。

その上、冬でもこのドレスを着るのだ。
インフルエンザが流行すると多くの女性が亡くなった。
おしゃれも命がけである。


モデルはレカミエ夫人です。
c0297671_23381397.jpg

[PR]
# by wMUGIw | 2016-01-13 00:00 | 近代

マホとマハ

マホとマハはスペイン版モボ・モガです。(モダンガール・モダンボーイ)
いなせな男と小粋な女です。喋り方は下町のべらんめえ調。
c0297671_2381637.jpg



マホは縁取りの付いた短い上着を着てスカーフを巻き、頭に洒落た帽子をかぶり、
髪は長く伸ばして背中のあたりで結んでいる。
半ズボンは膝の下でキュッと締まり縁飾りがついており、
ストッキングに先の尖った女性用のような靴。
そしてウエストに幅広の飾り帯をする。
極端に言うと、闘牛士のような感じ。

マハは、ウエストを絞ったロングスカートに胸の開いたブラウス、
肩には薄い肩掛けをして髪に大きな櫛をさし、頭にはレースのショールを被る
先の尖った靴を履いて、扇子を持つ。
極端に言うと、カルメンのような感じ。

彼らは生粋のスペインっ子であることに誇りを持っており
そのため衣装もスペインの伝統的なデザインのものを身に着けていた。
18世紀後半になるとマホ・マハの格好を貴族が真似し始める。
[PR]
# by wMUGIw | 2016-01-12 00:00 | 近世


お気に入りブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル