直球感想文 別館

2018年 更新中
by wMUGIw
カテゴリ
以前の記事

パストン家の書簡集 その5

ジョン3世は恋愛結婚を果たす。
恋人マージョリーの父トマス・ブルーズも紳士階級で、
パストン家とは釣り合いのとれた家柄であった。
しかしブルーズ家は娘の相手にもっと金持ちの男を、
パストン家は息子の相手にもっと持参金の多い女を求めていたため、
縁談は一時暗礁に乗り上げた。

ジョン3世は二男であるため自分の領地は狭かったし、
マージョリーは姉妹ばかりだったため一人の持参金だけ多くするわけにもいかなかった。
(ただし、ジョン3世は後に兄が先に亡くなったためパストン家当主となる)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
恋人の母エリザベス・ブルーズからジョン3世への手紙 1477年02月10日

先日ノリッジで私達家族を歓待いただきましてありがとうございました。
私は昼も夜も気持ちの休まる時がありません。
娘が私に結婚話を進めてほしいと涙ながらに責め立てるからです。

今度の金曜日はバレンタインデーです。小鳥たちが結婚相手を選ぶ日です。
もし木曜日にこちらに来られるなら、ぜひ月曜日まで御滞在ください。
きっと夫と話をすることができると思います。
今度こそ結論に達しますように。
あれはただのオークの木 斧の一振りで倒れてしまう
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
恋人マージョリー・ブルーズからジョン3世への手紙 1477年02月

母は一生懸命父に縁談の話をしてくださっていますが、
あなたが御存知のところまでしか進展しておりません。
私がどんなに悲嘆にくれているかは神様だけが御存知です。
たとえあなたが所有しておられる領地の半分しかお持ちになっておられなくとも、
私はあなたと離れたくはございません。
世の中のどのような女性にもまして、いかなる辛い仕事でもする覚悟でございます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
恋人マージョリー・ブルーズからジョン3世への手紙 1477年02月

私の父は100ポンドと50マルク以上の財産は、
一文たりともくれないということを率直にお知らせしなければなりません。
この金額はあなたの希望とは程遠いものです。
ですからあなたがこれだけの持参金と、私のつたない人柄に満足していただけるのでしたら、
私はこの世で最高に幸せな娘でございます。
もしこれで満足なさらずもっと持参金をお望みでしたら、
この問題にこれ以上わずらわされることなくお忘れ下さい。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ジョン3世の母マーガレットから
マージョリーの母エリザベス・ブルーズへの手紙 1477年06月11日

お嬢様のマージョリーと息子ジョンとの結婚をめぐって、
幾度となく繰り返された交渉を覚えておられることと存じます。
私の生涯でいかなる話にもまして、この縁談を喜んでおりました。
今ではその喜びと同じぐらい大きな悲しみに打ち沈んでおります。
破局にいたった落ち度が、どこに誰にあるのか、私にはわかりません。
しかしもしその落ち度が私の家族にあるのでしたら、
御主人様と一緒にノリッジに滞在されるようお計らい下さい。
私がそちらに伺います。そうすればお別れするまでにどこい間違いがあるのか判明するでしょう。
そして奥さまの御尽力と私の協力で、
この縁組が破談とならないように何らかの手段を講じられると思います。
破談は両家にとり、不名誉なことでございます。
もう多くの人に知られているのですから。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ジョン3世の時代にパストン家は安定期を迎え、ナイトにも叙せられた。
後の子孫にもサーやレディの称号を持つ者が多くいた。
パストン家の繁栄は17世紀まで続いたが、多くの家と同じく没落した。


[PR]
by wMUGIw | 2012-01-05 00:00 | 中世
<< 女騎士エオン パストン家の書簡集 その4 >>


お気に入りブログ
検索
記事ランキング